ドクターブログ たくさんの小さな光に囲まれて

地域医療の出会いの中で:ブログ記事一覧

2024年06月06日 生活習慣病管理料 始まる !

 皆様が受けている医療の全ては「診療報酬」という名前で料金が決まっています。祖父の時代は通り相場で値段が決まり、払えなければ畑の作物で、とか秋の収穫まで待ってとかあったらしいけれど、国民皆保険が始…

続きを読む

2024年05月27日 「古希」なんですって?!

 気がつけば「古希」だった。幸いにも目尻にしわは無く、マスクがほうれい線を隠してくれるのでぱっと見には古希には見えないだろうと鏡を自分で確かめて肯く。還暦を迎えたときには、古希のこの年まで仕事を続…

続きを読む

2024年05月10日 船出の時

 大門先生が退職して地元に戻られることになり、一方、私は医師になって二度目の一人医師体制に突入する。二人ともに新たな海に漕ぎ出す時が来たのだ。    思えば31歳で先代院長である父を亡くし、先…

続きを読む

2024年04月22日 人生の出会いと別れ  ~ 大門先生のこと ~

 大門先生がこの4月を以て退職されることになった。今までの単身生活を終え離れて暮らしていたご家族のもとに戻られるタイミングと老健廃止という法人の事情とが相俟ってこの4月となった。   …

続きを読む

2024年04月16日 かかりつけ医?家庭医?プライマリケア医?総合診療科??   いいえ! あなたの専門医!!

 かかりつけ医とかプライマリケアとか時々新聞などで見ることがあります。帯広の大きな病院でも総合診療科とかができていますけど、それってなんだろうと思ったことありませんか?ちょっと前には地域医療とか地…

続きを読む

2024年04月01日 転換の時 展開の時

平成14年11月病院を新築移転して新たな歴史を刻んでから20年余り。  平成24年に病院を改組して無床の在宅療養支援診療所と50床の老健へと転換して12年。ちょうど干支が回ったところで老健を廃止…

続きを読む

2022年09月09日 どや顔のお医者さん

 おしっこが近くなる。夜何度も目が覚める。老眼で読みづらい。聞こえづらい。(聞こえないのではなくて、言葉の聞き分けが難しくなる)たまにむせる。あちこちが痛くなる。云々    診察室の「おじいさ…

続きを読む

2022年08月23日 死なないで きっとあなたは誰かの大切な人

芸能人の自殺のニュースが断続的に続いた。きっとそれに心を揺らされている人たちもいるのだろうと想像する。  これまで心療内科医として私は少なからず患者さんたちの「死にたい」に向きあってきた。そこで…

続きを読む

2022年05月09日 奪われる命の痛み

3月は私にとって、東日本大震災という自然の猛威の前に多くの命や財産そして生活を奪われた人々に心を寄せる月だったけれども、それにロシアによるウクライナ侵攻が加わってしまった。そして、4月も過ぎ5月に…

続きを読む

2022年03月01日 忘れてはいけないこと

11年前のあの時から、3月は私にとって鎮魂の月になった。  未曾有の大災害の東日本大震災。繰り返される震災の報道に心を痛め、福島県白石の親戚のことを母と電話で話していた翌日、震災から4日後に母が…

続きを読む

お知らせ

お知らせを、twitterでつぶやいています。