ドクターブログ たくさんの小さな光に囲まれて

地域医療の出会いの中で

院長 池田 千鶴

父の死によって地域の医療を始めて25年が過ぎました。 医療冬の時代に患者さんを守り、スタッフを守り、なによりも「健康」をキーワードとして地域を支えるために、ホームケアクリニック あづまをもっとパワーアップさせていかなければと思っております。

この25年間地域医療に携わってきて出会った、様々な「ステキ」をこれからも皆様にお伝え続けたいと思っています。

院長 池田千鶴

次のページへ

2020年03月11日  3月11日 9年前のこの日

 この日、東日本、特に東北の太平洋側を襲った津波という未曾有の災害、そして生まれた数え切れないほどの悲劇。新聞でテレビでその凄まじさが露わになっていく日々に同じ国民として、その事実を知らなければな…

続きを読む

これまでの更新

2020年 初頭のご挨拶

   2012年 医療法人社団三意会は我妻病院から無床の在宅支援診療所ホームケアクリニックあづまと介護療養型老人保健施設あづまの里(50床)へと業態変換をしました。  地域や高齢者を取り巻く状…(続き)

2019年 ご挨拶

 あと少しで2019年も終わります。  一年間ご指導ご鞭撻賜りありがとうございました。     振り返ると例年通り忙しく一年が過ぎました。日々の診療や介護実践以外にも、地域の皆様に…(続き)

健康作り講演会でお話ししてきました。

   過日 町民センターで50名を超える方たちに心の健康についてお話しさせていただいてきました。   「気づき つなげる あなたの優しさ    ~大切な人のいのちを守り…(続き)

『ありがとう』と言える日々

認知症の学習会で伝えたもう一つのことは「ありがとう」 認知症の方が持てる能力の最大限を使って日々を生き、私たちのケアを受けて下さっている。  私たちはそのことに「ありがとう」を伝えていますか?…(続き)

認知症勉強会開催!

 スタッフのための学習会「認知症ケアの哲学と理念」を実施しました。シフトのあるスタッフたちなので2回実施。  最初に私は「あなたは認知症の利用者さんを尊敬できますか?」と尋ねました。  目の前…(続き)

記事一覧へ

お知らせ

お知らせを、twitterでつぶやいています。