ドクターブログ たくさんの小さな光に囲まれて

小説より奇なり

カテゴリー:地域で医療する楽しさ 更新日時 2017/08/23

 ある余裕な午後の外来のこと、ふとしたことで患者さんと昔の恋バナに。

 道央圏に住んでいた二十歳代女性が、思い立って女友達と二人で道東旅行に。「その時、立ち寄った足寄の三笠そばが美味しくて、この町が気に入ってしまって、結局その友達と一緒に引っ越してきたの。その友達は数年して帯広に行ってしまったけれども、私は足寄に残って結婚したのね。相手は農家で反対されたし、そのとき役場の人からもお付き合いを申し込まれていたけど、結局その人と結婚して今に至ります」と。

「もて期、でしたね? でも、ご家族は反対されたでしょう?!」

「大反対されました。縁を切るってまで言われて。生まれた時からの許婚もいたから、大変だった」

と可愛らしく微笑まれるご当人は八十歳代後半の元気なおばあさま・・・・とすれば旅行で足寄に来た時は戦後間もない昭和二十年代。その時代の道央からの旅は今にたとえれば、JRで東京から青森に行くようなものだったでしょう。その時代の女性の二人旅や、引っ越してくる行動力は現在のシャキシャキした話し方からもどれほどのものか想像に難くありません。

 すでにご主人は他界され、孫や子どもたちに囲まれながら自らも開拓した農地に根を下ろして暮らしておられる姿にみじんも後悔はなく、自分で自分の運命を切り拓いてきた自負のようなものも感じられて、ワカイモンとしては負けずにがんばろうと思わせていただいたのです。

 とはいっても、ちょっとしたドラマになりそうな波瀾万丈の半生が、こんな身近にあるなんて、「小説より奇なり」です。

電子カルテが導入される?! 老健における看取り その1

「地域で医療する楽しさ」のその他の記事

老健における看取り その1

 先週末、私たちの老健でお亡くなりになった方たちのご家族の集い「グリーフ茶話会2017」を行った。この5年間で亡くなった方のご家族にご案内させていただき、10人余りの方々が来て下さった。遺されたご…(続き)

小説より奇なり

 ある余裕な午後の外来のこと、ふとしたことで患者さんと昔の恋バナに。  道央圏に住んでいた二十歳代女性が、思い立って女友達と二人で道東旅行に。「その時、立ち寄った足寄の三笠そばが美味しくて、この…(続き)

電子カルテが導入される?!

 自分も老境に足を入れ始めてわかることがある。  「年をとるということは失うことの連続なのだ」ということではないかと。  記憶力や適応力は低下し、新しいことに踏み出す元気が出ない。そうも言って…(続き)

シンポジウム発表 の続き

 前回のブログではシンポジウムの前段のことを書きました。今回は後段の部分について。在宅医療では外来や入院での医療と違って、他施設多職種のチームケアになります。もっといえば、外来での医者と患者の一対…(続き)

シンポジウム発表

 日本心身医学会のシンポジウム 「在宅医療と心身医学」で発表してきました。1番目に話すということで、地域包括ケアシステムと在宅医療について概説し、その後多職種協働における医者が他職種に対してどう関…(続き)

記事一覧へ

お知らせ

お知らせを、twitterでつぶやいています。