ドクターブログ たくさんの小さな光に囲まれて

老健で死ぬこと~何も足さない、何も引かない~

カテゴリー:地域で医療する楽しさ 更新日時 2018/06/27

 老健での看取りを重ねて、命を自然に終えることを強く意識するようになりました。がんであれ非がんであれ、高齢になっていのちを終えることに大きな違いはないように思えてきたのです。

 最近心がけていることは「何も足さない 何も引かない」です。

 食が細くなってきた方は様々な工夫をして食事あるいは栄養をとっていただきます。それは高カロリーの飲み物やゼリーやお好きな果物や果物のジュースなどを含みます。食べていただく時も無理強いはしないけれども、失行や失認で食べられない方には口に入れて差し上げることはします。一日一食が精一杯の方もおられます。その食事量にご家族と共に一喜一憂することが大切なのかなと思っています。

 経管栄養の人の「何も足さない 何も引かない」は難しいです。なぜならご本人の希望とは無関係に栄養と水分を入れることができるからです。

 なので、私たちはその栄養と水分の量をご本人の体調を見ながら細かく調整します。吐いたり、栄養の逆流が見られたら、それは胃腸の機能よりも栄養が多すぎる、むくんできたらそれは腎臓や心臓の機能よりも入れている水分が多すぎる時と判断し少しずつ減らす調整をします。その方に最適な一日の量が私たちの一食分より少なくなってしまう方もいます。

 でも、想像してみて下さい。

 私たちだって食欲のない時に無理矢理食べさせられたら、気持ち悪くなりますよね。体調が悪くて消化の機能が落ちている時は胃腸を休ませたいです。衰えた超後期高齢者の消化機能や腎機能に合わせた食事が驚くほど少なくても、それがご本人にとって安楽であることが望ましいと思います。

そして、すこしずつ痩せて、枯れて行かれます。でも、お家で元気に暮らしておられる超後期高齢者の方たちも同様に少しずつ食が細くなり痩せていくのと同じことです。

 その結果、私たちの施設では痰を吸引することや誤嚥性肺炎を起こすことが激減しました。結果的にご本人の苦痛は大きく減り、静かに天寿を全うされるのだと思っています。

 「何も足さない 何も引かない」はケアに関わる者にとって簡単なことではありません。ともすれば何かしてしまいたくなるしその方法も持っているからです。でも最善のケアをめざした時、心を決めて家族と共に点滴ではなく思いを注ぐことをしていきたいと思っています。

老健~私たちの仕事~

「地域で医療する楽しさ」のその他の記事

老健~私たちの仕事~

治らない病や進んでいく障害と向き合うことは苦しい。  年を取るということは、究極、いのちの終わりに向かって、進んでいく障害を受け入れつつ生きることに他ならないとさえ思える。ましてや認知症や神経難…(続き)

本当の終活  ~どこで死のうかなぁ どんなふうに最期の時間を過ごしたいかなぁ~

 2025年に日本の中で、一年間に亡くなる方が150万人を超えます。これまでの、病気が悪くなったら病院に入れてもらって、そこで最期まで診てもらう、ということが難しくなります。平均在院日数…(続き)

老健での看取り 2 デスカンファレンスが教えてくれるもの

 私たちの老健ではこの5年間で60名を超える方の看取りを行ってきたが、通常、老健で看取りケアが行われることは一般的ではないだろうと思う。私たちが比較的容易に取りかかることができたのは前身…(続き)

老健における看取り その1

 先週末、私たちの老健でお亡くなりになった方たちのご家族の集い「グリーフ茶話会2017」を行った。この5年間で亡くなった方のご家族にご案内させていただき、10人余りの方々が来て下さった。遺されたご…(続き)

小説より奇なり

 ある余裕な午後の外来のこと、ふとしたことで患者さんと昔の恋バナに。  道央圏に住んでいた二十歳代女性が、思い立って女友達と二人で道東旅行に。「その時、立ち寄った足寄の三笠そばが美味しくて、この…(続き)

記事一覧へ

お知らせ

お知らせを、twitterでつぶやいています。