ドクターブログ たくさんの小さな光に囲まれて

老健~私たちの仕事~

カテゴリー:地域で医療する楽しさ 更新日時 2018/06/01

治らない病や進んでいく障害と向き合うことは苦しい。

 年を取るということは、究極、いのちの終わりに向かって、進んでいく障害を受け入れつつ生きることに他ならないとさえ思える。ましてや認知症や神経難病はそれに倍するスピードで障害が増えていくのだから、患者さんやご家族はどれほど辛く、情けないことかと思う。

 だから、医療や介護に関わる者たちの使命はいかにその辛さを減らし、生きやすい状況を作り出し、自立した生活ができなくなっても、生きて今日の日を迎えることができて良かったと思っていただく事なのではないだろうか。

 

 何週間か何ヶ月かあるいは何年かの単位で人(私自身も)はできることが少しずつ減っていく。旅行が好きだった人が旅行に行けなくなくなり、外に飲みに行くことも外食することもできなくなる。運動が好きだった人が、運動ができなくなり、散歩が難しくなり、家の中でも転ぶようになる。食事も家族と同じ食事を食べることが困難になり、むせるようになり、胃瘻の提案を受けるようになる。 

 一つずつ一つずつ、時間をかけて、ゆっくりと喪っていく喜びや希望やあたりまえの日々、つまり自立と自律を喪い、いつの日か人(家族や専門職)にいのちと暮らしを委ねなくてはならなくなっていくそのとき、私たち医療や介護の本来的な役目が生まれてくる。

 それは、私たちが患者さんやご家族の辛さにおもいをいたし、その人が喪ったであろう日々の喜びや「にもかかわらず」生きているいのちの重さを受けとめることではないだろうか。

 そして多分、それは特別なケアを行うことではなくて、ケアをする相手の自律や尊厳を尊重し、日々のケアの中で、「このケアが私がこの方に行う最後のケアになるかもしれない」というおもいをこめて、丁寧なケアを行うことなのだと思っている。

本当の終活  ~どこで死のうかなぁ どんなふうに最期の時間を過ごしたいかなぁ~

「地域で医療する楽しさ」のその他の記事

本当の終活  ~どこで死のうかなぁ どんなふうに最期の時間を過ごしたいかなぁ~

 2025年に日本の中で、一年間に亡くなる方が150万人を超えます。これまでの、病気が悪くなったら病院に入れてもらって、そこで最期まで診てもらう、ということが難しくなります。平均在院日数…(続き)

老健での看取り 2 デスカンファレンスが教えてくれるもの

 私たちの老健ではこの5年間で60名を超える方の看取りを行ってきたが、通常、老健で看取りケアが行われることは一般的ではないだろうと思う。私たちが比較的容易に取りかかることができたのは前身…(続き)

老健における看取り その1

 先週末、私たちの老健でお亡くなりになった方たちのご家族の集い「グリーフ茶話会2017」を行った。この5年間で亡くなった方のご家族にご案内させていただき、10人余りの方々が来て下さった。遺されたご…(続き)

小説より奇なり

 ある余裕な午後の外来のこと、ふとしたことで患者さんと昔の恋バナに。  道央圏に住んでいた二十歳代女性が、思い立って女友達と二人で道東旅行に。「その時、立ち寄った足寄の三笠そばが美味しくて、この…(続き)

電子カルテが導入される?!

 自分も老境に足を入れ始めてわかることがある。  「年をとるということは失うことの連続なのだ」ということではないかと。  記憶力や適応力は低下し、新しいことに踏み出す元気が出ない。そうも言って…(続き)

記事一覧へ

お知らせ

お知らせを、twitterでつぶやいています。