ドクターブログ たくさんの小さな光に囲まれて

電子カルテが導入される?!

カテゴリー:地域で医療する楽しさ 更新日時 2017/08/09

 自分も老境に足を入れ始めてわかることがある。

 「年をとるということは失うことの連続なのだ」ということではないかと。

 記憶力や適応力は低下し、新しいことに踏み出す元気が出ない。そうも言っていられないので、相棒のO先生の判断に従って遅ればせに我がクリニックにも電子カルテが導入されることになった。最初はオーダリングから、なのだが、内心戦々恐々。なにせ、家電も取説を読まずに動かすたちなので、事前の説明も何がなにやらさっぱり。動かしてみなけりゃわからないと腹を括って、稼働のその日を待っている。

 とはいえ、本当の「年をとるということは失うことの連続なのだ」ということは、こんなかわいらしいレベルの「失い」ではないのだろうと想像する。

 自由に動けた脚力や、好きなだけ食べられる健康を失って、好きだった旅行や外食ができなくなり、家の中でも転ぶようになり、いずれ誰かの介護を受けなければならなくなるかもしれない。年を追うごとに大切な友人や家族を喪うだろう。仕事や役職などの役割もきっと減っていく。こんな風に、様々なレベルで日々、少しずつ何かを失っていくことはすでに実感のレベルでもある。

 でも、老いることは絶望ではないと示してくれた方がいる。それが先頃105歳でお亡くなりになった日野原先生であり、今なお若者顔負けのパワーポイントを自ら作成されて講演される方波見先生の存在である。

 お二人を拝見していると、失っていくものも確かにあるけれども、変わらない知性があり、豊かになっていく感性があり、成熟していく智慧があって、時間を楽しめることに変わりはないようである。願わくば、私もそうありたいと切に願う。

 というわけで、まずは、導入される電子カルテを楽しもうと思っています。

 

シンポジウム発表 の続き

「地域で医療する楽しさ」のその他の記事

シンポジウム発表 の続き

 前回のブログではシンポジウムの前段のことを書きました。今回は後段の部分について。在宅医療では外来や入院での医療と違って、他施設多職種のチームケアになります。もっといえば、外来での医者と患者の一対…(続き)

シンポジウム発表

 日本心身医学会のシンポジウム 「在宅医療と心身医学」で発表してきました。1番目に話すということで、地域包括ケアシステムと在宅医療について概説し、その後多職種協働における医者が他職種に対してどう関…(続き)

老健・クリニックへの転換と 最期までこの町で

 医療法人社団三意会我妻病院が介護療養型老人保健施設あづまの里とホームケアクリニックあづまに衣替えをして、5年が過ぎました。地域で必要とされる医療機関でありたい、必要とされることをきちんと提供して…(続き)

家で療養すること 家で死ねるということ

 これからの時代、人はどんどん高齢化し、その一方で子どもたちは都会に出て行き、老いた父母が子どもと老後を過ごすことはきっと減るのだろうなと思う。  今、年間約130万人の人がこの日本で亡くな…(続き)

地域医療は喜びの砂金採り

 北海道地域医療研究会のブログで地域医療は砂金採りのようなものだと書いた。日々の仕事は冷たい水に入って砂を掬うようなものだけれども、そこにキラリ と喜びの砂金が光るのだ、と。そして、その喜びの一つ…(続き)

記事一覧へ

お知らせ

お知らせを、twitterでつぶやいています。