スタッフブログ たくさんの小さな光に囲まれて

土用の丑の日

カテゴリー:介護療養型老人保健施設 あづまの里 更新日時 2021/08/18

 

こんにちはhappy01

先日までの暑さが今週はひと段落し、過ごしやすさを通り越し 肌寒いくらいと

なっていますが、皆さま体調は崩されていませんか?

 

さて、7月のことになりますが、2021年も『土用の丑の日』がありましたshine

今年は 7月 28日 でした。

この日の最高気温は足寄町で31.1℃で夏真っ盛りsunでした。

 

「土用の丑の日」

土用とは、「季節の変わり目の約18日間」のこと。本来は夏だけではなく、

立春・立夏・立秋・立冬の直前に年4回あります。

続いて「丑の日」とは、十二支の「子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、兎(う)・・・」の丑のこと。

十二支は「今年の干支」というように年を数えるときに使われるのが一般的ですが、実は方角や月、日にち

を数えるのにも使われるのです。

つまり「土用の丑の日」とは約18日間の土用の期間のうち、12日周期で割り当てられている十二支が

「丑の日」にあたる日のことを「土用の丑の日」と呼びます。

土用の期間中に1日ないし2日あることもあります。

1年に4回ある土用のうち、鰻が食べられるのは「夏の土用の丑の日」だけです。

諸説ありますが、一番有名なのは平賀源内が広めたという説です。

江戸時代、夏場に鰻が売れなくて困っていたうなぎ屋の主人が学者である平賀源内に相談したところ

「本日、土用の丑の日」と書いた張り紙を店に貼り出すことを薦めました。

すると、そのうなぎ屋は大繁盛。それを聞いた他のうなぎ屋もまねるようになり、

次第に土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したと言われています。

 

そこで、ここあづまの里でも『うな丼』を提供させていただきましたっnote

 

DSC_0059.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しは暑さに負けずに過ごせたでしょうか・・・

(記:栄養部門F)

8月医師体制お知らせ 令和3年 七夕の会

「介護療養型老人保健施設 あづまの里」のその他の記事

あづまの敬老イベント報告(遅くなりましたが)

アップが遅くなりましたがご報告でした。(年末になってしまいすみません) R2.9.25の昼食時間前に、ささやかですが、賀寿の利用者さんのお祝いをさせていただきました。   …(続き)

あづまのクリスマスの日

令和2年のクリスマス。あづまの里でも、ささやかですが、クリスマスイベントを行わせていただきました。 利用者さんに老健の各職員(介護職員、看護職員、理学療法士、管理栄養士、調理員、支援相談員、介護…(続き)

中秋の名月

 10月になり10月になり10月になり、寒さがだんだんと身に染みてきた今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。   今年の中秋の名月(十五夜)は10月1日でした。 …(続き)

敬老の日

いよいよ秋も深まり、朝晩には肌寒さを感じる季節となってきましたが、 皆様お変わりありませんでしょうか。 少しずつあづまの里周辺でも紅葉がはじまってきています。   さて、話は変わ…(続き)

6月食育月間、毎月19日は食育の日

ブログをご覧のみなさま。 暑さも増してやっと夏がやってきた~という感じですが、 体調崩されていませんか?   今回は、先月(6月)の献立についてアップします。   …(続き)

記事一覧へ